あなたの「心のクセ」がいつまでも治らない肩こりを呼ぶ

 

あともう少しでお正月。

 

私は、もちが好きなので、お雑煮やきなこもち、あんこもちなどを

毎年つくっていました。

 

今年は、もち料理以外に、正月料理に挑戦しようと思っています。

とりあえず、かんたんそうな料理から。

まずは、3つ試そうかと思っています。

 

豚の角煮、筑前地、松前漬け。

 

新たな挑戦、楽しみです!!

 

これもクックパッドのおかげ^^

物事を始める場合、環境や条件が大切で、

これがそろっていないとなかなか始めにくいものです。

最近は、ネットのおかげで、なんでも挑戦しやすい時代ですね。

助かります!!

 

 

 

さて、タイトルの肩こりについて話していきます。

 

あなたは肩こりの根本的な原因って何だと思いますか?

猫背、姿勢、デスクワーク、仕事、いろいろ出てきそうですね。

 

様々な要因はありますが、

私の経験や学びから得た一番の原因がこれではないかというものがあります。

 

それは、過去の交通事故などの外傷を除いていくと…、

 

 

心のクセです。

 

心のクセ? …。

 

といった感じだと思います。

 

例えば、こころ整体院に来る肩こりの方がよくおっしゃる言葉

「私、気が付けばいつも肩が上がっているんです。」

「力が抜けないんです!」

 

これは、体のクセと言えるかもしれません。

しかし、この肩が上がるという現象は、どんなときに起こると思いますか…?

 

怒っている時、イライラしている時、焦っている時などではないでしょうか?

 

きっと、心が安心していて、穏やかで、気持ちよくリラックスしているときに

肩は上がっていないと思います。

 

つまり、心のクセとは

 

「こういうシュチュエ-ションで、自然にこういう感情になる」

ということです。

 

 

 

心と体はつながっているとよく聞くと思います。

 

人間の感情は、必ず身体に反応するようにできています。

 

例えば、「翌日にバスで遠足があるとき、必ず体調を崩す人」がいたり、

「大事な会議やテストの前に必ず胃が痛くなる人」

「イライラしているとき、肩が上がっている人」など。

 

このように、恐怖や不安の感情は、とくに身体に現れます。

 

そして、この出来事に対する感情の現れかたが、人それぞれパターン化しています。

 

これは性格や価値観、過去の教育なども関わっています。

過去の悪い記憶から起きているクセは、反応を超えて、反射レベルの人もいらっしゃいます。

つまり、無意識に起こっていて、自覚できていない状態です。

 

 

 

このように 「感情=心のクセ」はセットになっています。

 

ここをよくしていかなければいけないのですが、

意外と心のクセは自分ではわかりにくい特徴があります。

人間は、他人のことは気づきやすいが、自分のことはわからないものです。

 

さらには、心のクセは長年続けてきたものなので、

変えることもなかなか難しいのです。

 

では、どのようにしていけばいいか?

 

ここで、もう一つの公式をお伝えします。

 

「感情=心のクセ=体の緊張」

 

です。

 

感情や心のクセは気づきにくい。

では、「体の緊張を感じよう」ということです。

 

「あ~、いま肩の筋肉が緊張しているな~。」

「なんでかな~?」

「あっ、大嫌いな上司が近くにいるから、嫌な気分になっているのかな?」とか「あのことを心配しているときだな。」とかいろいろ気づくことがあります。

 

体の緊張から、自分の今の感情を自覚する。

体の状態から、自分のパターンを知る。

 

「あっ、なんかいつもこのタイミングだな。」

 

体の緊張から「いつも同じようなシュチュエ-ションだな。このことが私は苦手なのか?」

 

このように自分の体を常に観察するクセをつけていくこと。

そうすると自分のパターンがわかってきます。

自分を知っていくことが大切です。

 

自分で認識できると、体と心は安心します。

そして、楽になります。

 

恐怖とは知らないこと。

つまり、知れば安心する。

他人とのコミュニケーションも同じですね。

 

そうやって自分とのコミュニケーションを深めていくことが、肩こり改善のポイントになります。

 

もちろん、逆パターンもあって、

一度、あまりにも凝り固まってしまった肩の筋肉や体では、感覚も鈍いし、

心に余裕がなく、イライラしたり、自分や周りを責めやすくなってしまいます。

 

それはあなたのせいではありません。

 

体と心が辛い状態なのです。

 

一度、体の緊張をゆるめて、

心にゆとりを持ち、

体の緊張を感じて、

自分を知り、

より自分らしく生きれるように日々、

成長を楽しみながら生きる。

 

 

これが、人生の一つの目的ではないでしょうか?

 

体の痛みは意味があって、起こります。

まず、何年もよくならない肩こりは異常です。

その事実をよく理解して

一度、きちんと自分と向き合う機会なのかもしれません。

 

 

次回は、別の視点での「人はなぜ緊張するのか?」について話していきます。

 

 

 

 

肩こりでお困りの方は、ぜひご連絡ください!!

 

 

那須塩原で唯一の肩こり専門整体院 こころ整体院 石川保

 

 

 

 

あなたの「心のクセ」がいつまでも治らない肩こりを呼ぶ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。