肩こりは、マインドフルネスでよくなる?

こんにちは、

こころ整体院の石川です。

 

今年もはや2月。

あっという間です。

 

新たな年、2020年。私は、新たな学びが始まり、普段使わない右脳を使い、心も体も疲労しています。

 

さて、今回は前にお伝えした「治らない肩こりは心のクセが原因!」の続きです。

「心のクセ=ネガティブ感情=体の緊張」というお話でしたね。

 

今回は、別視点で、体の緊張を見ていきます。

 

「野生の動物は、緊張しない。」

 

では、なぜ人間は緊張するのか?

人間は「予測する、予想する」という思考のクセがあります。

よくあるのが、「私、もしこうなったらどうしよう…( ノД`)」です。

未来への不安。雑念。

 

1分後、10分後、1時間後、1年後、10年後…。

 

その将来への不安は、過去からの経験や記憶から起こります。

当然、自分を防衛するためのものですから、必要です。

しかし、ほとんどの人が過去と未来に生き過ぎてしまっています。

明日の事、次の事、今度の事、頭の中を駆け巡らせている。

 

つまり、今という瞬間に意識が向いていない。

 

動物は、敵が近づいても、心理的な緊張はしない。

集中して、相手をよく見て、相手の動きに反応するだけ。

「今ここ」。

そこに雑念はない。

 

今やるべきことだけに集中している

 

今、取り組んでいることに対して、丁寧に、且工夫しながら、真摯に取り組んでいくことによって、結果もよくなります。

先のことや結果を気にしながら取り組むと、雑念が湧き、ミスやアクシデントを起こしやすくなります。

 

今ここで取り組むと、「反応」や「感じる」が優先となり、右脳が働きます。

その時、体の筋肉はリラックスします。

 

このような意識の使い方を、日常で訓練することによって、体の緊張のクセが抜けていき、いつまでも治らない肩こりをよくしていくことができます。

 

結果にフォ-カスするではなく、原因にフォーカスすることが大事ですね。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

那須塩原の肩こり専門整体院 こころ整体院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。