院長紹介

 

はじめまして。
こころ整体院の石川保です。

 

なぜ私が整体師を目指したのか?
体験をお話しします。

 

私は小さい頃、人に笑ってもらい楽しんでもらうことが好きな子供でした。

授業や休み時間に、おもしろいことを言って周りを笑わせていました。

お笑い芸人のようにみんなの人気者になりたいと思っていました。

 

 


しかし、中学では「大好きなバスケットボールで活躍したいと、希望をもって取り組んでいたが、体が学年一小さいために
体力がなく、練習についていけず挫折。

バスケットボールを続けている同級生を見て、毎日くやしい思いで生活をしていました。

 

 

高校では、「自分は周りと違う」と強く感じていて、クラスで孤立。
対人恐怖症になり、学校を休みがちに。

「自分が悪いのか?周りが悪いのか?」どうしていいかわからずに、逃げることしかできなかった日々。

「なんで自分だけ‥。」

学校に行けない申し訳なさと、自分の弱さにやり切れない思いでとても苦しかった。

 

 

社会人になって「人によって態度を変える、機嫌は日替わり、仕事を教えようとしない上司」と対立
「こんなやつに仕事で絶対に負けたくない!」と思い、無理をして働き過ぎて会社で倒れる。

 

 

吐き気を催し、トイレに駆け込んだら動けなくなった。
高熱を出し、眠ってしまった。

目が覚めたら24時間後だった。
鏡を見たら、顔の筋肉がまったく動かない。顔面マヒになった。

 

 

家族を養わなくてはいけないのに、なぜ体が動かないんだ。仕事ができない…。
なんで周りの人はうまくいっているのに、いつも自分だけがうまくいかない…。

「ただ人気者になりたかったのに…。

なぜ挫折ばかり。こんな人生はもう嫌だ。」

 

こんな人生だから、求めるものが大きくなったのかもしれない。

「成功したい。」
「人の役に立つ人間になりたい。」
「自分らしく毎日を生きたい。」
「健康を提供できる人になりたい。」

そんな思いを持つようになり、治療家を志し、仕事をしながら資格を取得し、国内にとどまらず、海外の文献も漁り勉強に明け暮れました。

 

 

現在では、こころ整体院を開業することができ、患者さんに「ここに来てよかった!」と言っていただけるようになりました。
そう言っていただけることが、何よりも一番うれしかった。』

諦めなければ、道は開けると思えた時でした。

 

体が痛い、辛いじゃ毎日を楽しく過ごせないと思います。

やりたいこともできなくなります。

そんな状態で、時間(人生)を過ごすのは、とてももったいないことです。

 

自分のやりたいことができる体で、明るく楽しい人生を送ってほしい。

その結果、あなたの家族や周りの人にも元気になっていってほしい!

関わる方全員にそうなってもらいたくて、私は私のできる最大限で取り組んでいます。

 

一人で悩まないでください。ぜひ私に相談してください。あなたに必要な施術とアドバイスをいたします。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!